課題と出題方式/OSCE風景

OSCEの課題

表に示した5つの領域は、薬学生が医療現場で参加型実務実習を実施する上で、実務実習開始前に技能・態度の修得度の確認が必須である項目を含んでいます。原則として、各領域に準備された複数の課題から1課題のみを実施します。ただし、「薬剤の調製」の領域には調剤に関する多くの項目が含まれており、基本的な調剤技能の修得度を確実に評価するために、計量調剤(散剤、水剤、軟膏剤)や計数調剤から2つの課題を実施します。したがって、1名の受験生あたり、5領域から6課題が出題されることになります。なお、1つの大学の受験生には同じ課題が出題されます。

領域 課題項目 実施課題数
1. 患者・来局者応対 ・薬局での患者応対
・病棟での初回面談
・来局者応対
1課題
2. 薬剤の調製 ・計量調剤(散剤)
・計量調剤(水剤)
・計量調剤(軟膏剤)
・計数調剤
2課題
3. 調剤鑑査 ・調剤薬鑑査
1課題
4. 無菌操作の実践 ・手洗いと手袋の着脱
・注射剤混合
1課題
5. 情報の提供 ・薬局での薬剤交付
・病棟での服薬指導
・一般医薬品の情報提供
・疑義照会
1課題

出題方式

受験生には、あらかじめ評価される項目(学習・評価項目)および知識を得ておくべき医薬品リストが公開されます。OSCE実施においては、課題ごとに「ステーション」と呼ばれるいくつかの小部屋(ブース)が用意されています。

受験生は合図に従って各ステーションを順に回り、課題表に示された項目を定められた時間内に実施します(課題閲覧時間:1~2分、実技時間:5分)。患者とのコミュニケーション能力を評価する「患者・来局者応対」や「情報の提供」の課題では、標準模擬患者(Standardized Patient, SP)が患者役のシナリオに従って薬学生に応対します。

 

2.薬剤の調製-計量調剤(散剤)
課題は、閲覧開始まで観ることができません。
2.薬剤の調製-計量調剤(水剤)
複数の受験生が同時に試験を行うためにステーション内でさらに「レーン」に分割されています。
4.無菌操作の実践-注射剤混合
5.情報の提供-病棟での服薬指導
SPへの対応の様子を、2名の評価者が確認します。

OSCE風景(動画)

QuickTime(.mov)形式での閲覧はこちら

Windows Media Player(.wmv)形式での閲覧はこちら

MPEG4(.mp4)形式での閲覧はこちらから