試験結果の取扱い

 薬学共用試験は、薬学生が実務実習を実施する基準に達していることを確認する試験です。各大学は、薬学共用試験センターから通知された結果に基づいて合否を判定し、学生へ合否結果のみを通知します。この際、詳細な個人成績については通知しません。

 各大学は責任を持って成績を管理し、漏洩・公開しないことを誓約しています。薬学共用試験センターでは、個人成績の漏洩が明らかとなった場合には、当該大学を遵守事項違反として扱います。

 なお、大学から申請があった場合には、各学生の「薬学共用試験基準点到達証明書」を大学単位でセンターが発行します。